2014年10月19日

Simple English / Magic 81の内容とは?

「Simple English / Magic 81」英語トレーニングのスーパーメソッド

「Simple English / Magic 81」英語トレーニングのスーパーメソッド


「酒井式 Simple English / Magic 81」英語トレーニングのスーパーメソッド

保科靖代様

本当にビックリするくらいスラスラと英語が出てきました。

毎日Standardごとにリピートしながらトレーニングをしています。「こんなことでマスターできるわけない」と半信半疑でした。

すみませんが、「中学3年レベルの英語力、1日20分、3ヶ月ぐらいで話せるようになる・・・」という説明は疑ってしまいますもの。

仕事で簡単な英文メールを送ることがありますが、いつもは翻訳辞書で調べて送っていましたが、とつぜんスラスラと本当にビックリするくらい頭に英文が次々と出てきたのです。

確認のために辞書で調べてみましたが9割近く正解でした。

会社の人が海外の人に話している電話も、ほとんどがすぐに理解できます。

このトレーニングは凄いなぁと改めて実感しています。

本当に素晴らしい!の一言です。 Thank you very much!


秋元理恵子様

英語を学ぶトラウマが消えたという感じです。

酒井先生のSimple Englishで英語トレーニングをしている。28才のOLです。

某英会話スクールや某通信教育の英会話講座でトラウマを持っていた私にとって、 先生の提唱される「シンプルイングリッシュ」はとても驚きで、テキストを読み終わった後、胸がすーっとして気持ちが軽くなりました。

実は今、「児童英会話講師」になるためのスクールへ通っています。

英検は3級しかもっていないし、TOEICも受けたことはないし、留学もしたことはない私ですが、子供たちへ英語を好きになってほしくて勉強をしています。

そういう私も英語は好きですが、学習法が見いだせず挫折ばかりでした。

スクールの先生からは就職の際には証明するモノが必要だし、英検2級は持っていた方がいいかもね。と言われました。

私は、英検を受ける時間よりも、英語を楽しむ時間をもっと持ちたい!と思うのですが、現実問題、採用する側としては、何も資格がない者よりも帰国子女や留学経験のある人、TOEICで高得点を持っている人・・・などの方を取りますよね。

ということで、仕方なく1月に英検2級を受けることになりました。でもこれでは英語が嫌いになってしまいそうです。

英検の勉強は就職するために必要で仕方ない!と割り切り、先生が提唱するシンプルイングリッシュを軸に勉強していきたいと思います。

先生がおっしゃる最低限必要な動詞を使って日々思うことを英語で考えてみたり、恥ずかしがらずに覚えたフレーズをアウトプットしたりしたいと思います。

そして自分ももっと英語を好きになり、子供たちへ本当に楽しんでもらえる英語を教えられるように頑張りたいと思います。


斎藤修一様(愛知県在住 30歳)

酒井先生のシンプルイングリッシュは私の救世主です。

今からでも英語の習得が十分出来るような、気持ちといいますか…確信を得たと感じました。 (私の英語レベルは、まー挨拶程度ぐらいですが)

昨年の6月から3週間前までの間、ウズベキスタンへ電機技術者という形で行ってきました。

ウズベキスタンでは、日常生活では英語はまったく使われていないのですが、それでも現地人のスタッフの中には、英語を話す人が何人かいました。

仕事の面では、図面と機械設備を交互に見せる事によってほとんどと言っていいほど、支障もなく本当に簡単な英単語でうまくいくのですが…

個人的な会話になると、いろんなジェスチャーをやってみても相手にどれほど私の思いが伝わっているのか不安になる事(相手をひょとして侮辱してしっまてのか) が多かった…。

今回このテキストで学んでいる最中にハット!!させられる事がいくつもありました。

そういえば、……彼らが使っていた英語もシンプルイングリィシュ?だったのか?

確かに彼らの英語は、英語の使えない私にさえ何を言っているのかを理解できた?

彼らからのe‐mailも60パーセント位の内容も翻訳ソフトを使わなくても、理解できるんですよ、この英語がほしいのです。

私のほしい英語がこのシンプルイングリッシュの本に書かれていました。

次回も海外の仕事がやらしてもらえるように、帰国後英会話の教材に飛びつきましたが、落ち込む一方でしたので、本当に良いものを提供していただきあいがとうございました。


藤井正嗣様(元NHK「英語ビジネスワールド」講師)

酒井さんのご指摘はかなり本質をついている。

特に、日本企業の安易なTOEIC採用については全く同感。

私は現在インターネット英語の会社に勤務しているが、一度、酒井さんとお話ししてみたいと思いました。


酒井式 Simple English を受講された方々から、たくさんの喜びの声を頂きますが、このような喜びの声は、決して特別な成功体験ではありません。(誰でも、同じような成功体験を実感されることをお約束します)


「酒井式 Simple English / Magic 81」英語トレーニングのスーパーメソッド

「酒井式 Simple English / Magic 81」英語トレーニングのスーパーメソッド

「真面目に英語の勉強をしないで下さい」という説明は、誤解をまねくかも知れませんが、真面目にきちっと英語の 勉強 をしているだけでは英語は上達しません。

それどころか、簡単な英会話ですら出来るようにならない可能性もあります。

もともと日本人は真面目な性格ですので、何事に対しても「クソ真面目に」「完璧に」取り組む傾向がありますが、英語においてはこれらの性格が英語上達を邪魔しています。

なぜなら、英語に限らずどの言語にも数学のように正解は一つだけという絶対的な答えはないからです。

下の例文を見て下さい。

あなたも実際に試験でやった事のありそうな典型的な例文です。

「酒井式 Simple English / Magic 81」英語トレーニングのスーパーメソッド

正解を挙げればBになるのですが、A〜Dのどれをとっても意味は一緒です。

しかも、ネイティブに英語を直される事も一切ありません。

それにも関わらず資格試験や英語教材では、B以外は間違いであるかの様に説明し、より複雑で難しい英語へとドンドン説明して行くのですから、これでは英語に対しての苦手意識が大きくなり、いわゆる英語が上達しないトラウマ状態になります。(例外的なものを正確に知っているか?とやってはダメです)


「酒井式 Simple English / Magic 81」英語トレーニングのスーパーメソッド

皆さんは、I love you. / This is my book. などの文は、日本語と同じようにほぼ完璧に脳に入っていると思います。

多くの日本人は、基本動詞、基本前置詞を含む、81文程度の有用なセンテンスが、I love you. と同様に頭に入っていないために、あれこれやっても話せるようにならないのです。

九九のように覚える Magic 81 センテンス(I love you.よりは少し長くむずかしい文) でトレーニングすると、短期間で英語をマスターできます。

この81文が数学でいえば九九にあたり、九九ができるようになれば、日常生活に最低限支障がないのと同じです。

1.通販教材、CDブックを買ってみようか?
2.TOEICなどの資格試験を受けようか?
3.スクールにいこうか?
 
あれこれやる前に 酒井式 Simple English をやると、英語の全体像が分かり「超」効率的になります。

TOEIC、英検などの資格試験も含め、まずは酒井式 Simple English から始めるのがベストです。


「酒井式 Simple English / Magic 81」英語トレーニングのスーパーメソッド

実は中学3年2学期までの英語の知識があれば、3ヵ月で話せるようになります!

中学英語だけで英語が話せるようになる。といった類のものを、あなたも一度や二度、見たり聞いたりしたことがあると思います。(ある意味正しいことです)

英会話トレーニングのスーパーメソッド、酒井式 Simple English で必要とするのは、Magic 81 (81文センテンス)に含まれるわずか1772語のみとなります。

これが英語の基礎部分であり核心に通じるのですが、この基礎部分の重要性を理解している英語の先生はほとんどいません。

酒井式 Simple English が提唱する基本文を理解していれば英語習得に困ることはないのですが・・・。

基礎を理解しないまま英語を学んでも応用出来ませんし、各種英語教材によって、むずかしいことをドンドン詰め込んだとしても、実際の会話として役立てる事は出来ません。

「酒井式 Simple English / Magic 81」英語トレーニングのスーパーメソッド

もちろん “ Yes ! ” です

そして、ハッキリ言って失敗しようがありません!

その証拠に2000語で構成された辞書があります。

この辞書は、5万6千語の収録語の定義を全て2000語でしています。(このLongmanの辞書は特別なものではなく、書店やネットで日本でもすぐ買えます。)

古くはオグデン(C.K.Ogden)というイギリスの学者が、たった850語で日常の会話の大半はできてしまうという発表を「The ABC of Basic English」(1932年)という本などで行ったこともあります。

他にも、英語の速記文字を編み出したアイザック・ピットマンという人は、わずか700語で日常会話の7割(派生語も含めれば8割)が成立することを発見しました。(日本人はこの850語や700語の所をサラッとやるだけで3000語とか4000語レベルの所ばかりやっているのですから日常会話もできないのは当たり前です。)

この2人の研究を突き詰めていき私は英語を話すためには1772語、81センテンスで十分という結論に達し、独自の英語プログラムを開発する事に成功しました。

そして、このプログラムを酒井式 Simple English と呼んでいます。

誰でも独学でトレーニングが実践できるように、一冊の本とCD2枚にしました。(この辺もすべて Simple です)


>>更に詳しい内容はこちらをクリック



































posted by Simple English / Magic 81 at 13:23| Simple English / Magic 81 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。